トガリネズミ(英語表記)Sorex; shrew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トガリネズミ
Sorex; shrew

食虫目トガリネズミ科トガリネズミ属の動物の総称哺乳類中最小といわれ,体長2~5cm内外。普通のネズミ (齧歯目) に似るが,口が長く突き出し,眼が小さく,耳介が短く,歯の先端が赤く染まる。多くの種が知られており,ユーラシア大陸,北アメリカから中央アメリカに分布する。日本にはチビトガリネズミ S. minutissimus,その亜種トウキョウトガリネズミ S. m. hawkeri (体長 2cm,尾長 3cmで哺乳類中の最小種) ,ヒメトガリネズミ S. minutusなどが生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トガリネズミ

食虫目トガリネズミ科の哺乳(ほにゅう)類の総称。世界に20数属300種前後が知られている。体長4.5〜17cm,体重1.5〜170g。ユーラシア,アフリカ,北米〜南米北部に分布。ホンシュウトガリネズミは体長5〜7cm,尾5cmほど。吻(ふん)はとがり,体色は暗褐色。樺太,本州中部以北の低山〜高山の森林にすみ,昆虫,クモ,ミミズ,小さなネズミなどを食べる。北海道のトウキョウトガリネズミ(体長5cm未満,尾3cm,体重1.5〜1.8g)は世界最小の哺乳類の一つ。トウキョウトガリネズミは絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トガリネズミ
とがりねずみ / 尖鼠

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科トガリネズミ属に含まれる動物の総称。日本にはラクスマントガリネズミSorex caecutiensの亜種として北海道にエゾトガリネズミS. c. saevus、本州にシントウトガリネズミ(ホンシュウトガリネズミ)S. c. shinto、四国にシコクトガリネズミS. c. shikokensisが知られている。ただし、これら日本産の亜種をまとめて独立種シントウトガリネズミS. shintoとする説もある。

 トガリネズミ属Sorexの動物はユーラシアに21種、北アメリカに29種、両地域共通種が2種で計52種が知られている。日本では北海道に4種、本州に2種、四国に1種がある。いずれも温帯または寒帯に分布し、これらの地域の地表に形成される落葉層や腐植層を主要な生息場所としている。頭胴長は10センチメートル以下の小形のネズミ型動物で、名前のとおり吻(ふん)が細長くとがり、目は小さい。耳介は大部分が毛に埋まる。頭骨は長三角形で、歯の先端が赤染されている。歯式は

で合計32本。昆虫、クモ、ジムカデ、ミミズなどを主食とする。これまで調べられたものではいずれの種も各個体が明瞭(めいりょう)な縄張り(テリトリー)をもち、それをもてることが冬の生存率に関係するという。縄張りの大きさはヨーロッパトガリネズミS. araneusでは370~1100平方メートル、ヨーロッパヒメトガリネズミS. minutusでは530~1860平方メートルである。春に主要な繁殖期があるが、秋に繁殖するものもある。産子数はヨーロッパトガリネズミ1~10(平均7)、エゾトガリネズミ4~8(平均7.1)、オオアシトガリネズミS. unguiculatus3~7(平均5.4)などで、多くの種で調べられている。子は無毛で生まれ、17~21日で開眼する。春に生まれたものが秋に成熟することもあるが、通常は次の年に繁殖する。寿命は通常1年以内で、最大16か月。代謝率が高いため昼夜を問わず活動し、各個体は1~2時間の周期で休息と活動を繰り返すことが知られている。北アメリカのカワリトガリネズミS. vagransでは超音波によるエコロケーション(反響定位)をすることが知られている。北ヨーロッパから北海道まで分布するチビトガリネズミS. minutissimusは頭胴長4.5~5センチメートル、尾長2.7~3センチメートルで、世界最小の哺乳類の一種である。北アメリカ北部のミズベトガリネズミS. palustrisは水生適応したもので、北海道のオオアシトガリネズミは半地下性に適応した種である。

[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例