コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサゴカイ フサゴカイTerebellidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フサゴカイ
Terebellidae

環形動物門多毛綱フサゴカイ目フサゴカイ科に属する種類の総称。フサゴカイの名は,頭部に多くの糸状の感触糸が房になっていることに由来する。体長5~20cm,環節数 100~250。体は円筒状で,頭部,10~20節の胸部,腹部からなり,前方が太く,後方になるにつれて細くなる。疣足 (いぼあし) の背足枝には針状剛毛,腹足枝には嘴状剛毛がある。薄い膜質の管 (棲管) に砂粒や貝殻片をつけその中にすむ。ニッポンフサゴカイ Thelepus setosusチンチロフサゴカイなど,日本に 50~60種あると思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フサゴカイ
ふさごかい / 房沙蚕

環形動物門多毛綱フサゴカイ科Terebellidaeの海産動物の総称。頭部にある多数の糸状感触手が房状になっているところからこの名がある。海岸の転石の下や岩の割れ目などに潜っていたり、深海の泥底にすむ。世界に約360種知られ、日本には50~60種あるものと考えられる。体長5~20センチメートル、環節数100~250個。体は頭部、胸部、腹部の三部分に分かれるが、ほぼ円筒状で前部が肥厚し、後方になるにつれて細くなる。胸部は10~20剛毛節からなり、前方には糸状または樹枝状のえらが2、3対並んでいる。背足枝には針状剛毛、腹足枝にはくちばし状剛毛がある。腹部は多くの体節からなり、腹足枝のみでくちばし状剛毛をもっている。薄い膜質の管の外側に貝殻片や砂粒をつけ、その中で生活するものが多い。
 ニッポンフサゴカイThelepus setosusの管の中には、多毛類の一種のナガウロコムシが共生している。チンチロフサゴカイLoimia medusaを福岡県や熊本県でドベムシとよび釣り餌(え)に用いる。ハナサキフサゴカイTerebella ehrenbergiやツクシフサゴカイPista cristataなども普通にみられる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フサゴカイの関連キーワードThelepus setosusフサゴカイ(房沙蚕)ウロコムシ(鱗虫)オヨギピンノウロコムシ房沙蚕