コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサシダ科(読み)フサシダか(英語表記)Schizaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フサシダ科
フサシダか
Schizaceae

シダ植物シダ目の1科。4属約 150種があり,おもに南半球の熱帯,亜熱帯に分布する。地上生の草本で,根茎は毛または毛と鱗片を生じ,匍匐または斜上する。葉は叉状,羽状に分裂するか,単葉胞子嚢は葉の辺縁につく。胞子嚢の頂端に完全な環帯があって,縦に裂ける。日本には2属4種 (カニクサ,イリオモテシャミセンヅル,カンザシワラビフサシダ) を産する。なお,カニクサ科 Lygodiaceaeを独立させることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフサシダ科の言及

【アネミア】より

…鉢植えで容易に栽培できるので,温室の観葉植物として重宝されている。
[フサシダ科Schizaeaceae]
 薄囊シダ類の縁生類のうちで最も原始的な群で,化石は石炭紀にまでさかのぼることができる。胞子囊の構造を指標にしてまとめられているが,栄養器官の構造をみると均一の内容の科とは考えられず,最近では,フサシダ科,カニクサ科,アネミア科,モーリア科の4科に分けるのが普通である。…

※「フサシダ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android