コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバガキ科 フタバガキかDipterocarpaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタバガキ科
フタバガキか
Dipterocarpaceae

双子葉植物の1科で,熱帯産の常緑大高木約 15属 600種を含む。多くは良材となり,有用な樹脂を分泌する。大部分は熱帯アジアに分布,インドやマレーシアの熱帯多雨林の最も主要な構成植物である。おもな属にはサラソウジュShoreaがあり,これはいわゆるラワン材の大半を占め,なかには高さ 40mに達するものも含めて 40種以上が知られる。このほかラワン材には Parashorea属,Pentacme属などの樹種の材も含まれる。フタバガキ属 Dipterocarpusは約 70種知られ,ラワン材に次ぐ有用材で,また樹脂は灯用およびワニス用に用いる。リュウノウジュ (竜脳樹) Dryobalanops aromaticaはマレーシアに産し,高さ 70mにも達するもので,材はマホガニーの代用にされ,その樹脂である竜脳 (ボルネオール ) は香料や薬用にする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフタバガキ科の言及

【フタバガキ(双葉柿)】より

…フタバガキ科フタバガキ属Dipterocarpusの樹木(イラスト)。インド,スリランカからフィリピンにいたる東南アジアに約75種あり,ボルネオ,スマトラ,マレー半島およびミンダナオの熱帯降雨林に多い。…

※「フタバガキ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フタバガキ科の関連キーワードサラソウジュ(沙羅双樹)リュウノウジュ(竜脳樹)サラソウジュ(娑羅双樹)フタバガキ(双葉柿)マヨン火山国立公園娑羅双樹・沙羅双樹リュウノウジュフタバガキナツツバキシャラノキリュウノウ熱帯植物旧熱帯区娑羅双樹植物区系アガチス季節風林カポールショレアアピトン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フタバガキ科の関連情報