コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタマタタンポポ Crepis hokkaidoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタマタタンポポ
Crepis hokkaidoensis

キク科の多年草。北海道,サハリン,南千島に分布し,高山の草地や岩礫地に生える。葉はロゼット状につき,倒卵状長楕円形または線状披針形で羽状に浅~中裂を繰返し,その間にまばらに鋸歯があり,先端はとがり下を向く。花期は7~8月。花茎は直立し5~20cm,ときに2分枝し中実で,ほかのタンポポと異なる。頭花は黄色く径3~4cmで1~2個つく。総包,花茎ともに有毛。総包外片は1列につき花時に開出するが,内片は直立する。痩果は黒色で縦縞がある。和名はときに2分枝する花茎にちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フタマタタンポポの関連キーワードクレピス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android