コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロゼット ロゼットrosette

翻訳|rosette

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロゼット
rosette

花形の装飾モチーフ。非常に古い時代から頻繁に建築,彫刻,工芸品に用いられた。一般に単円または2重,3重の円に囲まれた丸い楕円形,多角形の中に,開花した花を抽象図式化した文様。エジプトのものは蓮華 (れんげ) を主題にしたものと思われるが,一般にはばら形文様で,中心から円周に向って旋回するようなモチーフもあり,これを螺旋ロゼットと呼んでいる。

ロゼット
rosette

(1) 植物形態学上の用語。茎の節間部が詰ってほとんど同じ高さから円形の敷物状に葉が叢生して,バラの花のようになった形態をいう。これは茎の生長時に節数はふえながら節間の伸長が著しく抑制された生育型である。二年生草本植物 (たとえばダイコン) ,多年生草本植物 (たとえばタンポポ) などの越年の茎にみられ,葉が根のすぐ上から出て地面をおおっているようにみえる。これらの植物の多くは,温度や日照時間の変化によって節間部が伸びれば普通の形態の茎となる。 (2) 繊毛環 (せんもうかん) ともいい,クシクラゲの胃水管系の壁にみられる細胞の集りをさす。原腎管の炎細胞に似た構造で,排出器官であるという説と,胃水管系から体内に水や栄養を送る器官であるという説とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロゼット(rosette)

《「ローゼット」とも》
根出葉が地面に放射状に広がり、バラの花の形を呈するもの。多年草・越年草の冬越しの状態。タンポポ・ヒメジョオン・ナズナなどの葉にみられる。
リボン・布などで作ったバラの花形の飾り。記章・胸飾りなどにする。
建築で、バラの花形の装飾。
つり電灯などのコードが電気配線に接続する部分に用いる装飾器具。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロゼット

植物学用語。単縮した茎から束生した葉が地に接して放射状に並ぶもの(このような葉を根出葉と呼ぶ)。タンポポ,オオバコのように後に花茎だけが立つもの,オニノゲシ,マツヨイグサのようにロゼットの形で越冬し後に茎葉を高く伸ばすものもある。
→関連項目アズマギクアロエエオニウムエケベリアキジムシロケールジオウショウジョウバカマタビラコタンポポパイナップルハマサジマツヨイグサムシトリスミレモウセンゴケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロゼット【rosette】

草本の茎が基部で節間が伸びず,相接して葉が出ると,タンポポのように地表付近で葉を多数叢出するようにみえる。このような葉を根出葉(根生葉)といい,そのような草本の生育型を,バラの花冠に似た形状をしているところからロゼットという。ふつうは,根出葉を出す短い茎から,花茎が長く伸び出し,花茎には根出葉と異なった形態の葉(茎葉という)をつけるが,葉を全然つけない場合もあり,タンポポのように花梗に頭状花をつけるだけという姿のものもある。

ロゼット【rosette】

花形装飾を意味するフランス語および英語。開花した花を上から見た形を図式化した装飾ないし模様で,中心から放射状に広がる花弁状の単位を円形に並べたもの。外縁は単円または同心円で囲まれる場合が多い。抽象化された花弁が多角形として描かれることもあり,重なりあった花弁を図化した複雑な例もある。同一方向に湾曲した花弁が中心から外周へ旋回しつつ広がる螺旋(らせん)形ロゼット,花形を中央で二つに分けてその間に他のモティーフを挿入した分離形ロゼットなどの変形がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロゼット【rosette】

短い茎から葉が重なり合って出て、地に接し円座形になったもの。多年草・越年草の越冬の一型。タンポポの葉など。根出葉。
バラの花をモチーフにした小円盤状の文様。薔薇ばら形装飾。円花飾り。また、そのように結んだリボン。
の文様をもつ装飾器具。シャンデリアのつり元などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロゼット
ろぜっと
rosette

短い茎に、扁平(へんぺい)な多数の葉が地面の表面に接して放射状についている状態、あるいはそのような植物体をロゼットという。ロゼットの状態で越冬する植物はロゼット植物とよばれ、タンポポ、ハルジョオン、マツヨイグサなどがある。ロゼット植物には、タンポポのように花序を支える茎だけが春に伸びるものと、ハルジョオンのように春に伸長して花をつける茎の上に、ロゼット状の葉とは別に普通葉をつけるものとがある。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のロゼットの言及

【荒原】より

…両者ともに乾燥度が高くなると,ごくまれに降る雨の後の短い期間に発芽から結実までを終える短命草本ephemeral plantが出現する。寒帯荒原や高山荒原では岩礫(がんれき)地が多く,地衣類や蘚苔(せんたい)類以外ではロゼット植物rosette plantや半球形の団塊植物cushion plantなどの地表性の岩隙植物が多い。【藤田 昇】。…

【ロゼット】より

…草本の茎が基部で節間が伸びず,相接して葉が出ると,タンポポのように地表付近で葉を多数叢出するようにみえる。このような葉を根出葉(根生葉)といい,そのような草本の生育型を,バラの花冠に似た形状をしているところからロゼットという。ふつうは,根出葉を出す短い茎から,花茎が長く伸び出し,花茎には根出葉と異なった形態の葉(茎葉という)をつけるが,葉を全然つけない場合もあり,タンポポのように花梗に頭状花をつけるだけという姿のものもある。…

【文様】より

…邦訳名《美術様式論》)である。リーグルは,ロータス花文を正面形(ロゼット),側面形,半側面形に分類し,さらに側面,半側面形では渦巻形の萼(がく),地間充塡(じゆうてん)の栓形(せんけい),葉状扇形花弁などの抽象的形式に分析して,その組合せによる花形の展開を述べている。しかしこの場合,〈萼〉〈花弁〉といっても,これはあくまで文様の構成を解説する形式語であることに注意しなければならない。…

【蓮華文】より

…古代エジプトのスイレンを起源とするロータス文様が,古くメソポタミア,ギリシア,イランなどで愛用された。蓮華文には正面型と側面型とがあり,正面型は満開の花を真上から見た形で,花弁が放射状にならんで円をつくり,ロゼットとも呼ばれる。側面型は蓮弁文ともいい,何枚かの花弁を扇状に開かせて全体として釣鐘型をなし,パルメット文様の原型とされる。…

※「ロゼット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロゼットの関連情報