コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フダーイ・ナーマ Khudāy-nāma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フダーイ・ナーマ
Khudāy-nāma

イラン,ササン朝末期に中世ペルシア語 (パフラビー語) によって書かれたイラン史。パフラビー語形でハターイ・ナーマク。のちの『シャー・ナーメ』と同じく「王書」の意。アフラ・マズダによる世界創成から神話伝説的な諸王朝を経てホスロー2世 (在位 591~628) の治世まで記す。8世紀なかばのイブヌル・ムカッファーのアラビア語訳を通じてイスラム期にも広く利用されたが,この訳本も原本とともに散逸した。フィルダウシーの『シャー・ナーメ』はこの書に大きく依存している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フダーイ・ナーマの関連キーワードホスローイラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android