コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスロー2世 ホスローにせいKhusraw II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホスロー2世
ホスローにせい
Khusraw II

古代イラン,ササン朝の王 (在位 590,591~628) 。パルビズ (勝利者) と号し,華美を好んだ。即位後,将軍バフラム・チュービーンに追われたが,ビザンチン皇帝マウリキウスの援助によって復位し,マウリキウスが殺されると,その復讐のためにビザンチン領に侵入した。やがてビザンチン軍の攻撃を受けてクテシフォンへ逃れたが,子のカワード2世によって殺された。その華麗な宮廷生活や妃シーリーンとの愛の物語は後世に語り継がれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホスロー2世の関連キーワードターク・イ・ブスターン遺跡西・南アジア史(年表)ターク・イ・ブスターンプラケーシン(2世)プラケーシン[2世]ホスローとシーリーンターク・イ・ブスタンタークイブスターンフダーイ・ナーマブズルグ・ミフルオルミズド4世ヘラクレイオスオスロエネ王国中東史(年表)エルサレム史ペルシア美術フォーカスアパメア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android