コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルダウシー フィルダウシーFirdausī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルダウシー
Firdausī

[生]935頃.トゥース近郊
[没]1020以後1026以前.トゥース近郊
ペルシアの民族叙事詩詩人。本名 Abū al-Qāsim Manṣūr。地主の家に生まれた。 40歳頃イラン民族固有の神話,伝説,歴史に基づいて詩作に着手,35年の長い歳月を費やして約6万句に及ぶ大民族叙事詩『シャー・ナーメ』を完成。これをガズニー朝スルタン,マフムードに捧げたが報いられず,風刺詩を書いてスルタンの怒りに触れ,各地を転々としたのち,郷里で寂しい生涯を終えた。『シャー・ナーメ』はイラン建国からササン朝アラブのために崩壊するまでの歴史を扱い,現在にいたるまでイラン民族の最大の文化遺産として愛国心の支えとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フィルダウシー(Firdausī)

[934ころ~1025ころ]ペルシアの詩人。ペルシアの伝説・歴史を集大成した長編叙事詩シャー‐ナーメ(王書)」の作者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

フィルダウシー【Firdausī】

940頃~1025頃) ペルシャの詩人。ペルシャの伝承・歴史を集大成した大叙事詩「王書(シャー-ナーメ)」で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

フィルダウシーの関連キーワード市町村議会送達都道府県議会キモトリプシン香川県の要覧平国香イフシード朝敬順王ジヤール朝平国香