コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブヌル・ムカッファー イブヌル・ムカッファー Ibn al-Muqaffa`

2件 の用語解説(イブヌル・ムカッファーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・ムカッファー
イブヌル・ムカッファー
Ibn al-Muqaffa`

[生]720頃.ファールスジュール(現フィルザーバード)
[没]756頃.バスラ
アラビア語文学者。本名`Abdallah。元来はペルシア人で拝火教徒だったが,父の代からイスラムに改宗。ムカッファーとは「手足のねじれた人」という意味で,彼の父の異名。ペルシア人としての高い教養を受けたが,アラビア語に通じ,中世ペルシア語 (パフラビー語) の諸文献を翻訳することにより,アラブ散文文学の先駆者として後世に大きな影響を及ぼした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブヌル・ムカッファー
いぶぬるむかっふぁー
Abd allh ibn al-Muqaff
(722―757ころ)

イラン系のアラビア語著述家。ゾロアスター教徒だった父ダーザワイフは、イスラム教徒のための収税人をしていて、アラブ役人に痛めつけられ、「手の曲がった者」(ムカッファー)とよばれたので、息子ルーズビフはムカッファーの息子(イブン)とよばれるようになった。ルーズビフはのちイスラム教に改宗し、アブド・アッラーと名を変えた。彼は、ウマイヤ朝最後のカリフ(最高指導者)、マルワーン2世の書記で、最初のアラビア語散文を残したアブドゥル・ハミード・イブン・ヤフヤー(750没)を師としてアラビア語に習熟し、パフラビー語(中世ペルシア語)の諸作品からの翻訳を行った。もっとも有名なのが『カリーラとディムナ』で、ほかに『小アダブと大アダブ』(アダブは文学的教養をさす)が伝えられ、このほか、数種の翻訳ないし著作があったことが知られている。
 彼は、アッバース朝第2代カリフ、マンスールの治下に刑死したといわれている。それは、自己の作品をコーランに比したためとも、ゾロアスター教によってイスラム教を損なおうとしたからとも伝えられているが、政治的事件に巻き込まれたというのが真相らしい。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブヌル・ムカッファーの関連キーワードジュール熱ファウルボールサーファールックアファール三角地帯アファール盆地ボンジュール・アイルクール・メンソールスーパーライトボンジュール・スーパーライトマキファールスケジュールストリートファール岩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone