コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャー・ナーメ シャー・ナーメ Shāh-nāme

3件 の用語解説(シャー・ナーメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャー・ナーメ
シャー・ナーメ
Shāh-nāme

イラン最大の長編民族叙事詩。邦訳名『王書』。マスナビー詩形により約6万対句から成る。フィルダウシーによって約 35年の歳月をかけて 1010年に完成,ガズニー朝スルタン,マフムードに献呈された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャー・ナーメ

《王書》と訳される,ペルシアの詩人フィルドゥーシー作の長編叙事詩。1010年完成。約6万対句のマスナビー詩形からなる。数多くの武勇伝やロマンス,悲劇を収め,宿命論的な基調のなかにイランの神話や伝説,歴史を集大成したペルシア文学史上最高の傑作といわれる。
→関連項目ダキーキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャー・ナーメ
しゃーなーめ
Shh-nme

「王書」を意味するペルシア語で、フィルドウスィーの筆になるイラン民族叙事詩。ササン朝最後の皇帝の命により、イラン諸王の歴史は7世紀前半に『ホダーイ・ナーマグ』と題して中世ペルシア語で編纂(へんさん)され、8世紀なかばにイブヌル・ムカッファーにより『ペルシア諸王伝』としてアラビア語に翻訳されたが、原典、訳書ともに散逸した。10世紀にイラン系サーマーン朝が樹立されると民族意識が高まり、イラン固有の神話、伝説、歴史を編纂する気運が生じ、10世紀前半に韻文、散文による数種の作品が出現したが、これらもすべて散逸。10世紀後半、サーマーン朝宮廷詩人ダキーキーが同じ題材で制作に着手したが、1000句の段階で殺害され未完に終わった。アブー・マンスールの命により957年に完成した散文『王書』に主として拠(よ)り、三十有余年かけて完成した作品がイランの誇る民族詩人フィルドウスィーの『シャー・ナーメ』である。約6万句からなるこの叙事詩は人類の祖、最初の王カユーマルスからササン朝最後の王に至る神話、伝説、歴史を収める。イラン民族最大の文化遺産として、ペルシア文学最高傑作の一つに数えられている。[黒柳恒男]
『黒柳恒男訳『王書』(1969・平凡社) ▽黒柳恒男訳編『ペルシアの神話――王書より』(1980・泰流社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャー・ナーメの関連キーワードフィルダウシーペルシア美術ガルシアロルカルバイヤートササン朝ペルシアハルシャペルシア革ペルシア猫トゥース《ペルシアの人々》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャー・ナーメの関連情報