コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パフラビー語 パフラビーごPahlavī language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パフラビー語
パフラビーご
Pahlavī language

古代イラン,ササン朝の言語で,おもにゾロアスター教の文献によって知られるもの。中期ペルシア語。アラム文字に由来する文字で書かれているが,アラム語の単語を表意文字として借用する独特の書法があり,読むのがむずかしい。現在まで伝わっているゾロアスター教の文献には,ササン朝のものはごく少く,7世紀なかばにイスラム化してから書かれたものがほとんどである。 (→ペルシア語 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パフラビーご【パフラビー語 Pahlavi】

中期ペルシア語の中でアベスターの訳注およびゾロアスター教の宗教文学に用いられた言語。ササン朝初期の碑文の言語と区別して〈書物のパフラビー〉と限定することもある。現存の資料は内容的にはササン朝ペルシア後期にさかのぼるが,実際に書かれたのは大部分がイランのイスラム化以後,9世紀とされる。パフラビー語の表記は数世紀前の歴史的綴り字を保持し,またアラム語系のイデオグラム(表意文字)を多用するため,実際の発音を知るためには,より表音的に書かれたマニ教系中期ペルシア語との比較が不可欠である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パフラビー語
ぱふらびーご

中期イラン語の方言の一つで、ササン朝ペルシア(226~651)の言語である。中核をなす資料はゾロアスター教の文献であり、そのほか世俗的文献を含む。アラム系の文字で書かれるが、多くのアラム語形が表意文字として用いられており、複雑な書記体系をつくっていて、判読はきわめて難解である。なお、パフラビーPahlav(あるいはペフレビー)という名称は、本来「パルチアの」という意味の呼称に由来する。[柘植洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パフラビー語の関連キーワードステファニテスとイクネラテスイブヌル・ムカッファーサーデク・ヘダーヤトアドゥド・アッダウラカリーラとディムナインド・イラン語派パンチャタントラフダーイ・ナーマシュンティパスパフラビー文字パフラビー文学ペルシア文学ホスロー1世千夜一夜物語アベスタ語ブワイフ朝説話文学イラン学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android