コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フフシル(可可西里)山脈 フフシルさんみゃくHuhxil shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フフシル(可可西里)山脈
フフシルさんみゃく
Huhxil shan

中国西部,チベット (西蔵) 自治区北部とチンハイ (青海) 省西部に連なる東西方向の山脈。クンルン (崑崙) 山脈の支脈で,東はバインハル (巴顔喀拉) 山脈に続く。フフシルとはモンゴル語で「青い高原」の意。標高 6000m前後の峰が連なり,山頂に万年雪をいただく。チャン (長) 江の源流の一つチュマル (楚瑪爾) 川が流出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フフシル(可可西里)山脈の関連キーワードユイシュー(玉樹)チベット(蔵)族自治州クンルン(崑崙)山脈ナクチュ(那曲)地区

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android