コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フミヅキタケ(文月茸) フミヅキタケ Agrocybe praecox

1件 の用語解説(フミヅキタケ(文月茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フミヅキタケ(文月茸)
フミヅキタケ
Agrocybe praecox

担子菌類マツタケ目オキナタケ科。夏に,主として草地に群生する。傘は径3~8cmで丸山形,のちに扁平になる。表面はクリーム色からベージュ,中央は濃色,縁に小さな膜片が下がる。柄は長さ5~10cm,上方に白い膜質の鍔 (つば) があり上半部は白色,下半部は黄または黄褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フミヅキタケ(文月茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)早松茸担子器コウタケハラタケヒメマツタケ(姫松茸)松茸御飯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone