コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フミヅキタケ(文月茸) フミヅキタケAgrocybe praecox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フミヅキタケ(文月茸)
フミヅキタケ
Agrocybe praecox

担子菌類マツタケ目オキナタケ科。夏に,主として草地に群生する。傘は径3~8cmで丸山形,のちに扁平になる。表面はクリーム色からベージュ,中央は濃色,縁に小さな膜片が下がる。柄は長さ5~10cm,上方に白い膜質の鍔 (つば) があり上半部は白色,下半部は黄または黄褐色ひだは初め淡色,のち赤褐色。胞子紋は褐色。北海道,本州に産し,北アメリカヨーロッパシベリア,中国,小アジアアフリカにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android