コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フモトスミレ(麓菫) フモトスミレViola sieboldii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フモトスミレ(麓菫)
フモトスミレ
Viola sieboldii

スミレ科の多年草で,日本に特産する。北関東以南の本州と四国,九州に分布し,日当りのよい丘陵地,山麓に生える。全体に小型でほとんど毛はない。葉は卵形下面紫色を帯び,縁には浅い鋸歯がある。葉面に脈に沿って白い斑 (ふ) の入ることが多く,美しい。葉柄は細く長い。4~5月に,長い花柄を伸ばし,左右相称の小さい白色花をつける。唇弁に紫条があり,包葉線形で丸く,紫色の点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フモトスミレ(麓菫)の関連キーワードスミレ科

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android