コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュッスリ Johann Heinrich Füssli

世界大百科事典 第2版の解説

フュッスリ【Johann Heinrich Füssli】

1741‐1825
画家。チューリヒ生れ。芸術活動のほとんどをイギリスで行い,英語名はヘンリー・フューズリHenry Fuseli。青年のころベルリン滞在中に駐独イギリス大使に画才を認められ,1764年以降ロンドンに住み,J.レーノルズに油彩画の本格的制作を勧められる。70‐78年イタリアに滞在し,ミケランジェロの鬱屈した雰囲気の人物像や深い悲劇的感情表現に強烈な感銘を受ける。65年にJ.J.ウィンケルマンの《ギリシアの絵画と彫刻についての省察》を英訳し,99年にはローヤル・アカデミーの絵画教授,1804年には同院長に就任するなど,当時の新古典主義美術やアカデミズムにかかわりをもった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフュッスリの言及

【イギリス美術】より

… 〈コモン・センス〉という言葉に象徴されるイギリス人の穏健な良識感覚は,大陸における未来主義や表現主義のような前衛的・急進的な芸術運動を生むには適さなかった。その反面で,イギリスの自由主義的な精神風土は,美術にあっては,フランスやイタリアにおけるような権威主義的なアカデミズムや強固な伝統の欠如と相まって,W.ブレーク,ターナー,元来はスイス人のJ.H.フュッスリなどの破格的・独創的な芸術家を生む要因ともなった。 イギリス美術の造形的・様式的特質としては,色彩よりも線,とりわけ曲線のもつ表現的,装飾的,あるいは象徴的効果に対して敏感であることがあげられる。…

【ブレーク】より

…ストザードThomas Stothard(1775‐1834),J.フラックスマンらから学んだ,輪郭線を主とした素描を生かしてレリーフ・エッチング(腐食した部分にインキを詰めないで残った凸部分にインキをつけて刷る凸版の版画)の技法を開発し,中世写本の効果を再現するような活字と挿絵の融合を試みる。またゴシック期の聖堂や装飾,彫刻の模写を通じて得た中世美術とミケランジェロの芸術への傾倒,そしてJ.H.フュッスリとの交友は彼の造形的源泉となるとともに,強烈な幻想性の糧でもあった。1794の《無心と経験のうた》において,彩色版画の連作形式が確立し,比喩に富むランベス予言書群(《アメリカ》《ヨーロッパ》《ユリゼンの書》など)では,しだいにページに占める挿絵の割合が増大してゆく。…

※「フュッスリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フュッスリの関連キーワードウルストンクラフトアビルゴールセルゲル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android