コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライング・バットレス flying buttress

翻訳|flying buttress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライング・バットレス
flying buttress

建築用語。飛梁のこと。ゴシックの聖堂建築において開発され,発展した構架要素。身廊のボールト (穹窿) の横圧を受止め,それを側廊側壁のバットレス (控壁) へと流す斜め梁。パリのノートル・ダム大聖堂などの側面に,櫛の歯のように並んでいるのがみられる。この開発によって身廊側壁が開放され,ステンドグラスなどの開口部として用いられるとともに,ゴシック建築独特の構造美が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フライング・バットレスの関連キーワードセント・パトリック大聖堂バルバラ大聖堂ゴシック美術教会堂建築土木技術ドーム

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android