コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランス労働総同盟=労働者の力 フランスろうどうそうどうめい=ろうどうしゃのちからConfédération Générale du Travail-Force Ouvrière; CGT-FO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランス労働総同盟=労働者の力
フランスろうどうそうどうめい=ろうどうしゃのちから
Confédération Générale du Travail-Force Ouvrière; CGT-FO

「労働者の力」 FOと略称される。フランスの労働組合の連合体の一つ。第2次世界大戦後フランスではマーシャル・プランの受入れをめぐってフランス労働総同盟 CGT内部で対立が激化していたが,L.ジュオーを中心とする受入れ賛成派が,1947年 11月に共産党系多数派から分離し,結成した組織。政党からの独立を原則とし,公共事業労働者,下級公務員,郵便局員,技術労働者を中心にした組織である。国際自由労働組合連盟 (国際自由労連) に加盟。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フランス労働総同盟=労働者の力の関連キーワードフランス民主労働組合連盟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android