コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランチェスコ1世 ふらんちぇすこいっせい Francesco I

2件 の用語解説(フランチェスコ1世の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

フランチェスコ1世

第266代ローマ教皇(ローマ法王)。「フランシスコ1世」とも表記される。1936年12月17日、アルゼンチンブエノスアイレス生まれ。本名、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(Jorge Mario Bergoglio)。中流の労働階級の家に生まれ、ブエノスアイレス大学に進学、化学の学士号を得て卒業。58年、キリスト教カトリック教会の男子修道会「イエズス会」に入り修練を始め、69年、32歳の時に司祭に叙階され聖職者となった。76年~81年、3万人とも言われる犠牲者を出したアルゼンチンの「汚い戦争」(軍事政権による市民弾圧)のおり軍事政権側に協力的だったとの説もあるが、97年にはブエノスアイレスの大司教に就任。2001年、2代前のヨハネパウロ2世から、法王に次ぐ地位の枢機卿に任命された。一貫して故国で活動していたが、13年3月14日未明(日本時間)、コンクラーヴェ(教皇選挙)によりローマ教皇に選出された。自らつけた教皇名は、平和や摂理の象徴とされた12世紀の現イタリアの聖フランチェスコに由来する。史上初のアメリカ大陸出身のローマ教皇であり、また史上初のイエズス会出身の教皇となった。

(2013-3-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

フランチェスコ1世

イタリア、スティピュラ社の万年筆の商品名。「アカデミアシリーズ。16世紀のメディチ家当主のフランチェスコ1世(トスカーナ大公)を称えて作製。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランチェスコ1世の関連キーワード教皇法王ローマ教皇庁ローマ教皇羅馬ローマカトリック教会ローマ教会ローマ風呂ローマ教皇 ユリウスII世《ローマ法の危機とローマ法学》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フランチェスコ1世の関連情報