コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリジア語 フリジアご

大辞林 第三版の解説

フリジアご【フリジア語】

インド-ヨーロッパ語族ゲルマン語派に属する言語。ゲルマン語派の中では英語に最も近いが、外見的にはドイツ語やオランダ語に似る。西フリジア語はオランダ北東部のフリースラント州一帯、東フリジア語はドイツのザーターラント周辺、北フリジア語はドイツのシュレスビッヒ-ホルシュタイン州の北海沿岸に分布。フリースランド語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリジア語
ふりじあご

フリースラント語ともいう。ゲルマン語派の一言語。北、西、東の三つの方言群に分かれる。最大のものは西フリジア語で、単にフリジア語といえば通常これをさす。オランダ北東部のフリースラント州で使用され、話者は約30万人。独自の正書法をもち、文学、学術論文などが刊行されている。音韻は豊富な二重母音が特徴的である。文法は英語オランダ語の中間的な印象を与える。[桜井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フリジア語の関連キーワードラスク(Rasmus Christian Rask)フリジア諸島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android