コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリースピーチ運動 フリースピーチうんどうFree Speech Movement

世界大百科事典 第2版の解説

フリースピーチうんどう【フリースピーチ運動 Free Speech Movement】

1960年代後半におけるアメリカの学生反乱の口火を切った学生運動。1964年9月カリフォルニア大学バークリー校で,大学当局が学生の政治活動を規制する方針を告示したのに対し,学内の学生諸団体はこれに反対してゆるやかな連合を組みフリースピーチ・ムーブメント(FSM)を結成した。運動の過程で大学当局は無権利状態の学生に対して圧制者であることが暴露され,権利の獲得のために決定機関への学生参加を要求した学生たちは,〈知識工場と化した大学〉の〈人格性と感応性を欠いた官僚機構〉を鋭く追及した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フリースピーチ運動の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android