コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルコスト原理 フルコストげんりfull cost principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルコスト原理
フルコストげんり
full cost principle

企業が価格を決定する際に,平均可変費用を基準とし,それに固定費用をカバーするための加算率 (マークアップ率) と一定比率の見込み利潤を加えて算出する方法。オックスフォード大学の R.ホールと C.ヒッチを中心とするいわゆるオックスフォード経済調査の研究『価格理論と企業行動』 (1939) によって明示的に提唱された。この価格理論は,多くの企業経営者は価格設定に際して限界収入あるいは限界費用 (→限界生産費 ) などに注意を払っていないという経験的事実に基づいた現実に即した価格理論として,限界原理の有効性に検討を加える契機をつくった。しかしこの理論は慣習的歴史的比率という以外に見込み利潤の水準の決定根拠を欠いているため,価格理論としては不十分とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフルコスト原理の言及

【オックスフォード経済調査】より

…これは,伝統的な限界費用主義の考え方を否定するものとして,大きな論争を生んだ。この考え方はフル・コスト原理と呼ばれ,その後も寡占的産業における価格行動の一つの有力な説明原理とされている。しかし,この原理が限界主義的な考え方を否定することになるか否かは,いまだに議論のあるところである。…

【価格形成】より


[民間企業の価格形成]
 利潤を目的とした民間企業のおもな価格形成原理として,限界原理とフルコスト原理がある。限界原理marginal principleというのは,企業は生産の追加的増加による収入の増加分(限界収入)が費用の増加分(限界費用)と等しくなる数量で生産を行うことによって利潤の最大化を図れる,というものである。…

※「フルコスト原理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フルコスト原理の関連キーワード産業組織論価格形成寡占価格

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android