コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価格形成 かかくけいせい pricing

1件 の用語解説(価格形成の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かかくけいせい【価格形成 pricing】


[民間企業の価格形成
 利潤を目的とした民間企業のおもな価格形成原理として,限界原理フルコスト原理がある。限界原理marginal principleというのは,企業は生産の追加的増加による収入の増加分(限界収入)が費用の増加分(限界費用)と等しくなる数量で生産を行うことによって利潤の最大化を図れる,というものである。限界収入が限界費用を上まわっている状態にあれば,それより生産を拡大することにより企業の獲得する利潤は増大し,逆の場合には減少する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

価格形成の関連キーワード価格中小企業投資育成株式会社保護関税民間活力私企業生産価格独占価格フルコスト原則価格差補給金寄付研究部門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

価格形成の関連情報