フルトベングラー(読み)ふるとべんぐらー(英語表記)Adolf Furtwängler

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルトベングラー(Adolf Furtwngler)
ふるとべんぐらー
Adolf Furtwngler
(1853―1907)

ドイツの考古学者、美術史学者。著名な指揮者ウィルヘルムの父。ギリシアのオリンピア遺跡の発掘調査に参加、さらにベルリンの博物館で研究を続け、ベルリン大学、ミュンヘン大学などで教授、並行してミュンヘン古代博物館館長を務めた。その間ギリシア各地で古代遺跡・遺品などの発掘調査活動に従事し、アテネで没した。紀元前4、5世紀のギリシア彫刻や彫刻宝石(ジェム)などのほか、さらに古い時代の陶器、陶器画など広く古代ギリシアの美術を研究し、美術考古学の領域に大きな業績を残した。古代関係の著書は多いが、ウルリヒスと共著の『ギリシア・ローマの彫刻』(1911)に邦訳がある。[鹿島 享]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルトベングラーの関連情報