コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェム Cem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェム
Cem

[生]1459. エディルネ
[没]1495. ナポリ
オスマン帝国第7代スルタン,メフメット2世の王子。父の死後,兄バヤジッドが即位したが,兄に殺されることを恐れ,王位を奪うべく戦ったが,敗れてヨーロッパに亡命。政争に利用され,ナポリで死んだ。劇的な彼の生涯は,詩や文学の対象になっている。

ジェム
gem

宝石を意味する語であるが,一般には彫刻を施した小型の貴石をいう。メソポタミアペルシア,ギリシア・ローマ時代に盛んに行われ,特にローマのジェムは有名でサードオニックスのような多層の色層をもった宝石が使われた。彫刻の種類によって陽刻カメオ陰刻インタリオに分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェム【Cem】

1459‐95
オスマン帝国第7代スルタン,メフメト2世の王子。トルコ名門貴族に支持されて,イエニチェリが擁する兄バヤジトとスルタン位継承を争い,戦い(1481‐82)に敗れてロードス島の聖ヨハネ騎士団のもとへ逃走し,そこからフランス,イタリアへ護送され監禁中に暗殺された。スルタンに即位したバヤジト2世にとって,亡命中のジェムは潜在的な脅威であり,ジェムの死までオスマン帝国の征服活動は抑制された。【小山 皓一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジェム【gem】

宝石。宝玉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ジェムの関連キーワードフルトベングラー(Adolf Furtwängler)PENCO ジェムライトボールペンカッパ・クリエイトホールディングスキング~Two Hearts~エルグエン・バン・ティエウ南ベトナム解放民族戦線エルジェムの円形闘技場チャン・バン・フォンケトラセル・ホワイトグエン・バン・チューズオン・バン・ミンバオ・ダイ(保大)チャン・バン・ドンフン・ヴァン・クングエン・カオ・キグエン・チ・ビングエン・フー・トエアクッション船アイン・ドゥック

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェムの関連情報