コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルブライト教育計画 フルブライトきょういくけいかくFulbright educational program

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルブライト教育計画
フルブライトきょういくけいかく
Fulbright educational program

教育,研究者の国際的交換,留学奨励計画。アメリカ人と他国人との相互理解を,教育・文化の交流を通じて増進させることを目的とする。アーカンソー州出身の上院議員 J.W.フルブライトが立案したもので,1946年のフルブライト法 Fulbright Actによって実現し,61年の「教育・文化相互交換法」 (フルブライト=ヘイグ法) によって拡充,強化された。志願者は 35歳以下,学士号または同等の資格を有し,留学を希望する国の言語に堪能で,十分な教養をそなえ,フルブライト計画の基本目的を促進するに足る能力を有していることが要求されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android