コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルリュース Fleurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルリュース
Fleurus

ベルギー中部,エノー州シャルルロア工業地域にある都市。シャルルロアの北東約 12kmに位置する。 1115年自治都市となる。三十年戦争をはじめいくつかの大戦争で戦場となった。かつては炭鉱があったが,現在は閉鎖され,機械,金属加工,家具,食品工業が行われる。ロマネスク様式の聖堂 (12世紀) ,シトー会修道院ワーテルロー会戦のときナポレオン軍が展望所に使った風車小屋 (1667) などがある。人口2万 2507 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android