コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレゼリクスハウン Frederikshavn

2件 の用語解説(フレゼリクスハウンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フレゼリクスハウン【Frederikshavn】

デンマークのユトランド半島北部,カテガット海峡に臨む港湾都市リーム湾の北側を占める北ユラン島(北ユトランド島)最大の都市で,人口2万5000(1990)。1818年までフラーズストランFladstrandと呼ばれた。1805年以来国家によって築港され,造船業,海産物加工業が盛んである。現在,ノルウェーのレーセー,ラールビク,オスロスウェーデンイェーテボリへのフェリー港であり,スカーゲンへの鉄道の廃線に伴いユトランド半島東岸の国鉄の最北の終着駅となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレゼリクスハウン
ふれぜりくすはうん
Frederikshavn

デンマークのユトランド半島北部、カテガット海峡に臨む港湾都市。リム・フィヨルド以北最大の都市で、人口3万4527(2002)。1818年までフラーズストランFladstrandとよばれ、市場権を得て現名に改称した。1805年以来、国家が築港し、ノルウェーの諸都市やスウェーデンのイョーテボリと結ぶフェリー港、貿易港として重要な位置にある。またユトランド半島東岸の国鉄の最北駅、北に延びる私鉄の基点でもあり、交通の要衝である。造船、水産業がある。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレゼリクスハウンの関連キーワード丁抹ユトランド半島リーベエーベルトフトオールボースケーエンフレデリクスハウンリンホルム遺跡レゴランドビルンユトランド種 (Jutland)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone