フレデリク デクラーク(英語表記)Frederik Willem De Klerk

現代外国人名録2012の解説

フレデリク デクラーク
Frederik Willem De Klerk


国籍
南アフリカ

専門
政治家

肩書
南アフリカ大統領;南アフリカ国民党(NP)党首

生年月日
1936/3/18

出生地
南アフリカ ヨハネスブルク

学歴
南アフリカ神学大学法学部(ポッチェフストルーム大学)〔1958年〕卒

経歴
曽祖父、父とも上院議員で、白人政界では“サラブレッド”と評される。1961年から弁護士業のかたわら熱心な党活動を続け、’72年35歳の若さで国会議員に。以後郵政・通信相、鉱山相、内相などの閣僚を歴任。’82年の強硬保守派脱党騒ぎを機に国民党トランスバール州支部長の座に就き地歩を固め、’85年国民教育相兼白人閣僚評議会議長、’89年2月国民党(NP)党首に。群を抜く交渉能力と統率力から“したたかな寝業師”と言われる。’89年8月ボタ大統領の辞任を受け大統領代行、9月大統領に就任。以来、民主化路線の実行に邁進し、黒人解放運動指導者マンデラの釈放、解放組織33団体の合法化、’86年来の全土非常事態宣言の解除、アパルトヘイト政策の撤廃などの新政策を次々に実行、世界各国の対南アメリカ経済制裁解除を引き出した。’92年3月信任投票で大勝。また、核廃絶にも積極的に取り組み、’91年核不拡散条約(NPT)に加盟。’93年3月議会演説で原爆製造の事実と世界初の核全廃を発表した。同年12月マンデラANC議長とともにノーベル平和賞を共同受賞。’94年5月制憲議会選挙でNPは第2党に後退、マンデラ政権の下で第2副大統領となるが、’96年6月辞任。’97年8月NP党首も辞任し、政界から引退。

受賞
ノーベル平和賞〔1993年〕 ユネスコ平和賞(第1回)〔1992年〕;フィラデルフィア自由賞〔1993年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

フレデリク デクラーク

生年月日:1936年3月18日
南アフリカの政治家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android