コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーベル平和賞

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノーベル平和賞

国際紛争の調停、軍縮、人権など世界平和の実現に貢献した個人と団体に授与されてきた。1901年の設立から昨年までに、97人と20の団体が受賞。スウェーデン人のノーベルが遺言で、平和賞はノルウェー議会が選ぶ委員会が授与すると定めたことから、平和賞の発表や授賞式もノルウェーのオスロで行われる。

(2010-10-09 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーベル‐へいわしょう〔‐ヘイワシヤウ〕【ノーベル平和賞】

ノーベル賞の部門の一。国際平和、人命・人権擁護、環境保護などについて功績のあった人または団体に贈られる賞。1901年の第1回受賞者はデュナンパシー。→ノーベル賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ノーベル平和賞【ノーベルへいわしょう】

ノーベル賞の一つ。ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベルは,他の科学三賞と経済賞とは異なり,授与主体をスウェーデンではなくノルウェーに託した。したがって,選考はノルウェー・ノーベル委員会が行い,授与式もオスロ市庁舎で開催される。
→関連項目OPCW中華人民共和国

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ノーベル平和賞の関連キーワードランゲ(Christian Lous Lange)日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)エストゥルネル・ド・コンスタンアムネスティインターナショナルヘンリーAキッシンジャージェームスEカーターアウンサン・スーチージョージCマーシャルレスターBピアソンゼーデルブロームリーマ ボウイーラ・フォンテーヌノエル・ベーカーブランティングノエルベーカーハマーショルドベールナールトアーノルドソンオシエツキーボイド・オア

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーベル平和賞の関連情報