コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーベル平和賞

3件 の用語解説(ノーベル平和賞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノーベル平和賞

国際紛争の調停、軍縮、人権など世界平和の実現に貢献した個人と団体に授与されてきた。1901年の設立から昨年までに、97人と20の団体が受賞。スウェーデン人のノーベルが遺言で、平和賞はノルウェー議会が選ぶ委員会が授与すると定めたことから、平和賞の発表や授賞式もノルウェーのオスロ行われる

(2010-10-09 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノーベル‐へいわしょう〔‐ヘイワシヤウ〕【ノーベル平和賞】

ノーベル賞の部門の一。国際平和、人命・人権擁護、環境保護などについて功績のあった人または団体に贈られる賞。1901年の第1回受賞者はデュナンパシー。→ノーベル賞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノーベル平和賞【ノーベルへいわしょう】

ノーベル賞の一つ。ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベルは,他の科学三賞と経済賞とは異なり,授与主体をスウェーデンではなくノルウェーに託した。したがって,選考はノルウェー・ノーベル委員会が行い,授与式もオスロ市庁舎で開催される。
→関連項目OPCW中華人民共和国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ノーベル平和賞の関連キーワード国際調停国際紛争世界平和評議会平和十原則万国平和会議民事調停法ICSIDオスロ国際平和研究所UN(United Nations)国際連合国連(United Nations)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーベル平和賞の関連情報