コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロッドンの戦い フロッドンのたたかいBattle of Flodden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロッドンの戦い
フロッドンのたたかい
Battle of Flodden

1513年9月9日,イングランド軍とスコットランド軍の会戦フランスと同盟したスコットランド王ジェームズ4世はイングランド王ヘンリー8世にフランスからの撤兵を要求し,拒否されると軍を率いてイングランドに侵入した。北部長官サリー伯 (のちの2代ノーフォーク〈公〉 ) はただちに要撃軍を編成し,この会戦となった。両軍の左翼軍がともに両軍の右翼軍を撃破して激戦となり,勝敗もすぐには定まらず,戦いは翌朝まで続いたが,ついにジェームズ4世や右翼軍指揮官2代レノックス伯が戦死してスコットランド軍は敗走した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フロッドンの戦いの関連キーワードハントリー(伯・侯家)クリフォード(男家)ノーフォーク(公)新聞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android