フロリス(読み)ふろりす(英語表記)Frans Floris de Vriendt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロリス
ふろりす
Frans Floris de Vriendt
(1516ころ―1570)

フランドルの画家。アントウェルペンに生まれ、同地で死去。ローマ帰りの画家ランベルト・ロンバルドに学び、1540年生地の画家組合のメンバーとなる。その直後ローマへ行き、ミケランジェロの『最後の審判』の完成(1541)を体験し、イタリアの手法を熱心に研究した。47年以後生地で「フランドルのラファエッロ」として当時のマニエリスム的な画風を移入した。彼は、多数の弟子をもつ工房の組織化のみならず、奔放だが的確な筆触とベネチア風の豊かな色彩によって、ルーベンスの最重要な先駆者といわれる。また兄コルネリスCornelis de Vriendt(1514―75、通称Floris)は建築・彫刻家で、1540年代初めにローマに滞在し、ルネサンス建築と北方の破風(はふ)建築様式を融合して独特の装飾体系を創始した。これは16世紀後半「フロリス様式」として北方に広まった。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フロリスの関連情報