フロントサイド/バックサイド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フロントサイド/バックサイド

CPUから見て、メインメモリーやI/O(PCIバスなど)が接続されるバス側をフロントサイドと呼ぶ。たとえばPentiumプロセッサーベースのシステムでは、フロントサイド側にL2キャッシュが配置されている(フロントサイドL2キャッシュ)。これに対しPentium ⅡやPentium Proでは、フロントサイドバスとは独立で、かつCPUに直結されたバスによってL2キャッシュが接続されている。これはフロントサイドに対して、「バックサイドL2キャッシュ」と呼ばれる。このアーキテクチャーでは、PCIバス側のデータ転送とL2キャシュへのアクセスをそれぞれ独立に行なうことができるため、パフォーマンスの点で有利である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android