コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロントサイド/バックサイド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フロントサイド/バックサイド

CPUから見て、メインメモリーやI/O(PCIバスなど)が接続されるバス側をフロントサイドと呼ぶ。たとえばPentiumプロセッサーベースのシステムでは、フロントサイド側にL2キャッシュが配置されている(フロントサイドL2キャッシュ)。これに対しPentium ⅡやPentium Proでは、フロントサイドバスとは独立で、かつCPUに直結されたバスによってL2キャッシュが接続されている。これはフロントサイドに対して、「バックサイドL2キャッシュ」と呼ばれる。このアーキテクチャーでは、PCIバス側のデータ転送とL2キャシュへのアクセスをそれぞれ独立に行なうことができるため、パフォーマンスの点で有利である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

フロントサイド/バックサイドの関連キーワードマルチコアマルチコアキャッシュメモリーCore i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロックCULV

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android