コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フージスターン州(読み)フージスターン(英語表記)Khūzestān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フージスターン〔州〕
フージスターン
Khūzestān

イラン南西部の州。ペルシア湾奥海岸に面し,西はイラクと国境を接する。州都はアフワーズメソポタミア平原の一部であり,北東部は森林の茂るザグロス山脈が走る。カールーン川,カルケー川,デズ川など重要な河川が平野部を灌漑する。扇状沖積地と塩分の多い泥土の平地が,湾岸付近では潮汐の影響で沼沢地となり,干満の著しく深い入江がこの地方の特徴である。 1908年以後,石油の採掘が大いに進み,最も重要な産業となった。ほぼ7ヵ所に及ぶ油田では,アーガージャリがいちばん規模が大きい。油田はすべてアバダンの精油所に結ばれており,カーグ島バンダレホメイニから輸出されている。 62年に完成したデズ川上流の大デズ・ダムは 12万 haを灌漑する規模のものである。イラン縦断鉄道が逆Y字形に州を縦断する。面積6万 6532km2。人口 268万 1978 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android