コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーヤン(阜陽)地区 フーヤンFuyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーヤン(阜陽)〔地区〕
フーヤン
Fuyang

中国華東地方,アンホイ (安徽) 省北西部の地区。南縁をホワイ (淮) 河が流れ,支流のイン (潁) 河,シーフェイ (西 淝) 河,クオ (渦) 河の流域にあたる。行政中心地のフーヤン市ほか2市8県から成る。大部分は長期にわたってホワン (黄) 河が氾濫していた地域で,アルカリ土壌や,砂丘状の荒れ地が広く分布する。人民共和国成立後,ホワイ河治水工事の一環として,各河川の河道の整備,堤防の修築が進められ,さらに河川をつなぐ水路が建設され,灌漑網が建設されている。おもな農産物は小麦,芋類,コーリャン菜種綿花である。人口 1225万 7943 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フーヤン(阜陽)地区の関連キーワードクオヤン(渦陽)県

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android