コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブタレ ブタレ Butaré

3件 の用語解説(ブタレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブタレ
ブタレ
Butaré

旧称アストリダ Astrida。ルワンダ南部の都市。ブタレ県の県都。キガリ南南西約 80kmに位置。同国の司法機関,教育機関が集中。 1963年ローマカトリックドミニコ修道会カナダ管区の協力により,5学部をもつルワンダ国立大学が設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブタレ(Butare)

ルワンダ南部の都市。旧称アストリダ。同国を代表する学術都市であり、国立大学、国立博物館がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブタレ

ルワンダの南部の町。1962年の独立以前には,アストリダと呼ばれていた。国立大学をはじめ各種の学校,博物館,研究所などがあり,教育の中心地になっている。町は伝統的な現地の人々の居住地区,かつての植民地時代の集落,新しい商業地区から成り立っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブタレの関連キーワードバストランドルワンダルワンダ語ルワンダ国際戦犯法廷オテルデミルコリンギコンゴロギセニスモール・ワンダールワンダ紛争ルワンダと民族紛争

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブタレの関連情報