コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッククロス ブッククロスbook cloth

1件 の用語解説(ブッククロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッククロス
ブッククロス
book cloth

書籍,帳簿などの外装に用いられる織物の総称。布目を詰めるために裏面に糊付し,その後,色糊を数回糊付したものにゴム糊などを塗布してカレンダで加工したもの。また書籍の表紙用紙をさす場合があり,カタログ,小冊子,雑誌,その他印刷物で取扱い上保護を要するものの表紙に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のブッククロスの言及

【装丁(装幀)】より

…この方法の開発によって,書物は早く安く同じ物を大量に生産することが可能になったが,反面,比較にならないくらいじょうぶさの点で劣るものになった。1820年代にブッククロス(製本装丁用の布)が使われるようになり,32年ごろクロスへの箔押し法が発見されると,本格的な機械製本の時代がはじまる。現在ではほとんどの国がほとんどの書物の製本に,この方法を取り入れている。…

※「ブッククロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone