コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッシュマン絵画 ブッシュマンかいがBushman painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッシュマン絵画
ブッシュマンかいが
Bushman painting

アフリカ,サン族の絵画。タンザニア,ジンバブエ南アフリカ共和国に散在し,岩壁に,白,黒,褐色,黄色などの顔料を骨べらで彩画する手法で,主として狩猟図を描いたもの。原始絵画の名残りをとどめており,サン族の社会や宗教とその絵画との関係を解明する手がかりとなる。古い絵の上に加筆されることも多く,馬や車に乗るヨーロッパ人を描いたものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android