コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッダガヤー大精舎 ブッダガヤーだいしょうじゃBuddh Gayā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッダガヤー大精舎
ブッダガヤーだいしょうじゃ
Buddh Gayā

インドのブッダガヤーにある仏跡釈迦が悟りを開いたというゆかりの地に,前3世紀アショーカ王が菩提樹をまつる小精舎を建立したのに始まる。5世紀中頃から6世紀末頃に大塔が創建され,19世紀末の大規模な修復によって現在の姿となった。四隅に小塔をもつ基壇の中心に,高さ 50m以上もの大塔がそびえ立ち,塔下の1室に釈迦像が安置されている。塔の南側の石造の欄楯 (らんじゅん。玉垣) ,菩提樹下の金剛宝座は,前1世紀頃のものとされる。 2002年ブッダガヤーの大菩提寺の建築物群として,世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブッダガヤー大精舎の関連キーワード五塔寺金剛宝座塔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android