ブライアン アーラッカー(英語表記)Brian Urlacher

現代外国人名録2012の解説

ブライアン アーラッカー
Brian Urlacher


専門
プロフットボール選手(ベアーズ・LB)

生年月日
1978/5/25

出生地
ワシントン州パスコ

学歴
ニューメキシコ大学

経歴
移り住んだニューメキシコ州の高校で、力強さとスピードを兼ね備えた選手として頭角を現し、大学ではLBだけでなく、リターナーも務めた。2000年ドラフト1巡目(全体9位)でベアーズに入団し、新人王に。堅守が売り物のチームで防御陣をまとめる。2005年は最優秀守備選手賞を受賞した。2007年1月チームの21季ぶりのスーパーボウル出場に貢献。193センチ、117キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ブライアン アーラッカー
Brian Urlacher
プロフットボール

プロフットボール選手
生年月日:1978年5月25日
国籍:米国
出生地:米国ワシントン州パスコ
学歴:ニューメキシコ大学
受賞歴:NFLディフェンス新人王〔2000年〕;NFL最優秀ディフェンス選手〔2005年〕
経歴:移り住んだニューメキシコ州の高校で、力強さとスピードを兼ね備えた選手として頭角を現し、大学ではラインバッカー(LB)だけでなく、リターナーも務めた。2000年NFLのドラフト1巡目全体9位指名でベアーズに入団。ルーキーイヤーから活躍し、新人王を獲得。以後、堅守が売り物のベアーズを象徴するLBとして防御陣をまとめる。2005年は最優秀ディフェンス選手を受賞した。2006年シーズンにはチームの21季ぶりのスーパーボウル出場に貢献するが、29対17でコルツに敗れ、優勝リングを逃した。2012年シーズン終了後、引退。プロボウル選出8回。通算182試合出場、タックル1358回、サック41.5回、インターセプト22回、インターセプトリターンタッチダウン2回、ファンブルフォース12回、ファンブルリターンタッチダウン1回。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android