コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウンシュワイク公国 ブラウンシュワイクこうこくHerzogtum Braunschweig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウンシュワイク公国
ブラウンシュワイクこうこく
Herzogtum Braunschweig

中世から 1918年まで続いた北部ドイツの領邦。 1180年ウェルフェン家ザクセンバイエルンハインリヒ獅子公が失脚したのち,ウェーゼル,エルベ両河間の本領は,彼の子孫のもとで,1235年ブラウンシュワイクリューネブルク公国となった。その後しばしば分割相続され,いくつかの侯国が成立したが,その一つボルフェンビュッテル侯国から近代のブラウンシュワイク公国が発展し,他の諸領域は統合されてハノーバー公国となった。ブラウンシュワイク公カルル・ウィルヘルム・フェルディナント (在位 1780~1806) はプロシア軍の司令官をつとめ,イェナ=アウエルシュテットの戦いに敗死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブラウンシュワイク公国の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone