コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウンシュワイク公国 ブラウンシュワイクこうこくHerzogtum Braunschweig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウンシュワイク公国
ブラウンシュワイクこうこく
Herzogtum Braunschweig

中世から 1918年まで続いた北部ドイツの領邦。 1180年ウェルフェン家のザクセン=バイエルン公ハインリヒ獅子公が失脚したのち,ウェーゼル,エルベ両河間の本領は,彼の子孫のもとで,1235年ブラウンシュワイク=リューネブルク公国となった。その後しばしば分割相続され,いくつかの侯国が成立したが,その一つボルフェンビュッテル侯国から近代のブラウンシュワイク公国が発展し,他の諸領域は統合されてハノーバー公国となった。ブラウンシュワイク公カルル・ウィルヘルム・フェルディナント (在位 1780~1806) はプロシア軍の司令官をつとめ,イェナ=アウエルシュテットの戦いに敗死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブラウンシュワイク公国の関連キーワードガウス(Karl Friedrich Gauss)ウェストファリア王国ラーベイェナ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android