コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウンス

3件 の用語解説(ブラウンスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブラウンス

ドイツの地質学者。H.E.ナウマンの後任として1879年に来日。1881年まで東大教授。《東京近傍地質編》(1882年)で貝化石の上から東京・横浜付近の新生界を区分し,日本の化石層序学の先駆をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブラウンス Brauns, David

?-1895 ドイツの地質学者,古生物学者。
明治12年(1879)来日し,ナウマンの後任として東京大学で地質・鉱物・古生物学を講義した。関東平野の地質研究をおこなう。またニホンオオカミを図入りで紹介した。15年帰国。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ブラウンス

没年:1895(1895)
生年:生年不詳
明治期に来日したお雇い外国人ドイツ人地質学者。ナウマンの後任という形で,東大理学部地質学教授として,明治12(1879)年にハレ大学から招かれた。東京近辺の第4紀,鮮新世産の貝類など,古生物学的な研究を残した。15年に帰国。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラウンスの関連キーワードアビーフォックライマンヒルハウスウェルニヒゴッチェジュウェットショイベハイトケンペルリッテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラウンスの関連情報