コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウンス

百科事典マイペディアの解説

ブラウンス

ドイツの地質学者。H.E.ナウマン後任として1879年に来日。1881年まで東大教授。《東京近傍地質編》(1882年)で貝化石の上から東京・横浜付近の新生界を区分し,日本の化石層序学の先駆をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブラウンス Brauns, David

?-1895 ドイツの地質学者,古生物学者。
明治12年(1879)来日し,ナウマンの後任として東京大学で地質・鉱物・古生物学を講義した。関東平野の地質研究をおこなう。またニホンオオカミ図入りで紹介した。15年帰国。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ブラウンス

没年:1895(1895)
生年:生年不詳
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人地質学者。ナウマンの後任という形で,東大理学部地質学教授として,明治12(1879)年にハレ大学から招かれた。東京近辺の第4紀,鮮新世産の貝類など,古生物学的な研究を残した。15年に帰国。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブラウンスの関連キーワードブルーノ[クウェルフルト]セントルイス・カージナルスホワイトスピリッツソーダサニディン岩オーキンクロス関東ローム層バルツェル玻璃長石岩兼用種但馬牛乳用種没年和牛ウシ牛乳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android