ブラックバーディング

百科事典マイペディア「ブラックバーディング」の解説

ブラックバーディング

19世紀半ば以降20世紀初めに太平洋地域で行われた,主にメラネシア島々からの労働力徴収。プランテーション鉱山の労働力需要のため,サモアフィジーニューカレドニア,オーストラリアのクイーンズランドへ推計約10万人の移動があった。言葉も文字もわからず,賃労働や契約の意味も不明の人びとを半強制的に連れていった例も多い。太平洋地域での奴隷売買ともいわれ,正式の労働契約との境界は明確でない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android