コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラドワディーン Thomas Bradwardine

1件 の用語解説(ブラドワディーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラドワディーン【Thomas Bradwardine】

1290ころ‐1349
14世紀イギリスオックスフォードマートン学派(マートンカレッジを中心とする運動論の学統)を代表する数学者,自然哲学者,神学者。エドワード3世の寵愛をうける。1349年カンタベリー大司教に任ぜられたが,約1ヵ月後にペストのため没した。チョーサーの《カンタベリー物語》にその名が言及されているように,神学者として当時令名高く,大著《神の原因について》(1344ころ執筆完成,以下同)がある。また科学史上の貢献は,《運動における速さの比について》(1328)によって不滅である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブラドワディーンの言及

【中世科学】より

…14世紀になると,こうしたアリストテレス的自然学のもつもろもろの難点が指摘され,〈ガリレイの先駆者〉たちが登場することとなる。それは1277年のパリの司教タンピエÉtienne Tempierの異端断罪に端を発し,アリストテレスの学説が批判されると,イギリスではブラドワディーンを中心にダンブルトンのジョンJohn of DumbletonやスワインズヘッドRichard Swinesheadらが,アリストテレス運動論の数学的難点を指摘し,この克服のために新たな数学的定式化を試み,そのなかには,ガリレイの〈落体の法則〉を先取りするものも現れた。大陸ではビュリダンを中心に,ニコル・オレーム,ザクセンのアルベルト,インヘンのマルシリウスMarsiliusらが,アリストテレス運動論の自然学的難点に注目し,あらためて〈インペトゥス理論〉を発展させ,〈運動量〉の概念,〈慣性〉の法則,〈等加速運動〉の幾何学的定式化などに向かった。…

※「ブラドワディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラドワディーンの関連キーワードイギリス経験論イギリス東インド会社イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリス組曲キング・チャールズ・スパニエルダンディ・ディンモント・テリア富山太佳夫イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone