コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラドワディーン Thomas Bradwardine

世界大百科事典 第2版の解説

ブラドワディーン【Thomas Bradwardine】

1290ころ‐1349
14世紀イギリス,オックスフォードマートン学派(マートン・カレッジを中心とする運動論の学統)を代表する数学者,自然哲学者,神学者。エドワード3世の寵愛をうける。1349年カンタベリー大司教に任ぜられたが,約1ヵ月後にペストのため没した。チョーサーの《カンタベリー物語》にその名が言及されているように,神学者として当時令名高く,大著《神の原因について》(1344ころ執筆完成,以下同)がある。また科学史上の貢献は,《運動における速さの比について》(1328)によって不滅である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブラドワディーンの言及

【中世科学】より

…14世紀になると,こうしたアリストテレス的自然学のもつもろもろの難点が指摘され,〈ガリレイの先駆者〉たちが登場することとなる。それは1277年のパリの司教タンピエÉtienne Tempierの異端断罪に端を発し,アリストテレスの学説が批判されると,イギリスではブラドワディーンを中心にダンブルトンのジョンJohn of DumbletonやスワインズヘッドRichard Swinesheadらが,アリストテレス運動論の数学的難点を指摘し,この克服のために新たな数学的定式化を試み,そのなかには,ガリレイの〈落体の法則〉を先取りするものも現れた。大陸ではビュリダンを中心に,ニコル・オレーム,ザクセンのアルベルト,インヘンのマルシリウスMarsiliusらが,アリストテレス運動論の自然学的難点に注目し,あらためて〈インペトゥス理論〉を発展させ,〈運動量〉の概念,〈慣性〉の法則,〈等加速運動〉の幾何学的定式化などに向かった。…

※「ブラドワディーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラドワディーンの関連キーワードブラッドワーディン畠山直宗足利基氏バーワンド朝オル・サン・ミケーレ聖堂ピサーノビスコンチ家浅原為頼浅原為頼ハルジー朝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android