コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルグンドローマ人法 ブルグンドローマじんほうLex Romana Burgundionum, Liber Responsorum, Responsum Papiani

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルグンドローマ人法
ブルグンドローマじんほう
Lex Romana Burgundionum, Liber Responsorum, Responsum Papiani

5世紀の末ブルグンドのローマ人を対象として制定された部族法。法典編纂にあたっては,『テオドシウス法典』『グレゴリウス法書』および『ヘルモゲニアヌス法書』,ガイウスパウルスの著書などを資料としているが,アラリック抄典も利用されたと考えられる。内容は民法,刑法,刑事訴訟法にわたる。アラリック抄典とは異なり,抜粋した正文を単なる羅列ではなく,自由かつ有機的に変更,統一した点に特徴がある。ブルグンドでは,この法典の発布により古典ローマ法はすべて効力を失うことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android