コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正文 ショウモン

5件 の用語解説(正文の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐もん〔シヤウ‐〕【正文】

写しや控えに対して、もとになる文書。正式の文書。原本。

せい‐ぶん【正文】

説明・注釈などの注文(ちゅうぶん)に対して、文書の本文。
条約が数か国で作成される場合、条文解釈上のよりどころとされる特定の国語の文。国連憲章では、中国語・フランス語ロシア語・英語・スペイン語で書かれた文とする。
《正式の文章の意》漢文のこと。江戸時代まで、仮名書きの文は非公式のものとされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうもん【正文】

古文書学上の用語。案文(あんもん)に対する言葉で,しかるべき手続を経て作成され,相手方に送られて文書としての機能をはたしたものをいう。したがって正文は案文などに比べて,形式・内容ともに整っており,古文書の研究において最も重要な資料となるものである。簡単な私信は,差出人みずからが書いて相手方に届ける。しかし慎重な手続を必要とする公文書にあっては,まず草稿(これを土代(どだい)ともいう)を作り,それを推敲(すいこう)して清書をし,必要な手続をすませたうえで,差出人または発給の責任者が署名・花押・印章などを加えて相手方に送る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうもん【正文】

文書の原本。もとになる文書。

せいぶん【正文】

注釈文・説明文に対して、文書の本文。
条約において条文解釈の根拠とされる、特定国の言語による条約文。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の正文の言及

【案文】より

…案ともいう。文書を作成の順序に従って分けると,(1)草案,(2)正文(しようもん),(3)案文,(4)写しとなる。文書を作成するには,まず草案(草(そう),土代(どだい)ともいう)を作り,それを清書して相手に渡す。…

【古文書】より

…この際差出人は,草稿のほかに控えをとっておくこともある。相手方に届けられたものを正文(しようもん)という。正文は草稿・控え,さらには次に述べる案文(あんもん)に比べて,形式・内容ともに完備しており,古文書の研究にもっとも重要な資料となる。…

※「正文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

正文の関連キーワード文書古文書古文書学書札礼綸旨案文アンモン貝合点書立公式様文書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

正文の関連情報