コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルターニュ大公城 ブルターニュタイコウジョウ

2件 の用語解説(ブルターニュ大公城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブルターニュたいこう‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブルターニュ大公城】

Château des Ducs de Bretagne》フランス西部、ロアール‐アトランチック県、ロアール川下流の河港都市ナントにある城。15世紀、ブルターニュ大公フランソワ2世により建造。1598年、フランスアンリ4世が新教徒の信仰を認める「ナントの勅令」を発布した場所としても知られる。ブルターニュ公城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルターニュたいこうじょう【ブルターニュ大公城】

フランスの西部、ブルターニュ半島南東の付け根に位置するロワール川河畔の都市ナント(Nantes)にある要塞城。ナントはレンヌ(Rennes)とともに、かつてのブルターニュ公国の政治の中心となった都市で、15世紀にブルターニュ大公フランソワ2世により、それまでの居城ブーフェ城(Château du Bouffay)に代わる新しい居城として建設された。深い濠に囲まれた、6つの塔を持つ堅固な城郭である。16世紀にはフランス王の城となり、1598年にフランス王アンリ4世が新教徒の信仰を認める「ナントの勅令」を発布した城として知られている。17世紀には兵舎として使われるようになり、1915年にはナント市の所有する城となった。15年に及ぶ大がかりな改修工事が行われ、2007年2月9日に再公開した。内部にはナント歴史博物館がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルターニュ大公城の関連キーワードバンヌブルターニュレンヌキブロンブルターニュ半島ベリールアンメール島ラ岬グリフォン・フォーヴ・ド・ブルターニュバセー・フォーブ・ド・ブルターニュガレット・ブルトンヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone