コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルターニュ大公城 ブルターニュタイコウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ブルターニュたいこう‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブルターニュ大公城】

Château des Ducs de Bretagne》フランス西部、ロアール‐アトランチック県、ロアール川下流の河港都市ナントにある城。15世紀、ブルターニュ大公フランソワ2世により建造。1598年、フランス王アンリ4世が新教徒の信仰を認める「ナントの勅令」を発布した場所としても知られる。ブルターニュ公城。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルターニュたいこうじょう【ブルターニュ大公城】

フランスの西部、ブルターニュ半島南東の付け根に位置するロワール川河畔の都市ナント(Nantes)にある要塞城。ナントはレンヌ(Rennes)とともに、かつてのブルターニュ公国の政治の中心となった都市で、15世紀にブルターニュ大公フランソワ2世により、それまでの居城ブーフェ城(Château du Bouffay)に代わる新しい居城として建設された。深い濠に囲まれた、6つの塔を持つ堅固な城郭である。16世紀にはフランス王の城となり、1598年にフランス王アンリ4世が新教徒の信仰を認める「ナントの勅令」を発布した城として知られている。17世紀には兵舎として使われるようになり、1915年にはナント市の所有する城となった。15年に及ぶ大がかりな改修工事が行われ、2007年2月9日に再公開した。内部にはナント歴史博物館がある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ブルターニュ大公城の関連キーワードロアール

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルターニュ大公城の関連情報