ブレイディ提案(読み)ブレイディていあん(英語表記)Brady Initiative

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレイディ提案
ブレイディていあん
Brady Initiative

累積債務問題解決のため,1989年3月にアメリカのブレイディ財務長官が行なった提案。この提案は同年4月の G7会合,IMF暫定委員会,IMF・世銀合同開発委員会において大枠が合意された。そして7月のアルシュ・サミットにおいても参加国によって支持されたことによって,新債務戦略が実行されることとなった。この提案は,債務削減と金利軽減の必要性を,また国際機関関与を重視している。その意味でも前年の宮沢構想と一体のものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブレイディ‐ていあん【ブレイディ提案】

Brady proposal》1989年3月に当時の米財務長官ブレイディが発表した、累積債務国の救済案。その内容は、債務の証券化による債務の元本削減と金利の減免が主なものであった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android