ブレカ(読み)ぶれか(英語表記)Bureka

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレカ
ぶれか
Bureka
[学]Cheilodactylus bergi

硬骨魚綱スズキ目タカノハダイ科Cheilodactylidaeに属する海水魚。ブラジルからアルゼンチンにかけて、およびチリ沖の、南アメリカ大陸の両側海域に分布する。日本にはいない。ブレカはチリの名前で、日本ではフエダイの商品名で流通しているが、フエダイ科とはまったく別の科である。体は楕円(だえん)形で、側扁(そくへん)する。尾柄(びへい)はきわめて細い。口は小さく、上顎(がく)の後端は目の前縁にはるかに届かない。唇は厚い。両顎(あご)に細かい絨毛状の歯がある。鰓孔(さいこう)上部の後に肩帯が張り出し、露出している。体側は大きな円鱗(りん)で覆われる。胸びれの第10軟条は著しく伸長し、臀(しり)びれの起部を越える。尾びれは深く二叉(にさ)する。体側線より上部は褐色で、下部は銀白色。体長は40センチメートルほどになる。成長は遅く、1年で12センチメートル、3年で24センチメートル、5年で30センチメートルほどになり、40センチメートルほどになるのに8年かかる。大陸棚上に生息しトロールで漁獲される。白身魚でフライ、ムニエル、焼魚などにすると美味。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android