コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレトンウッズ会議 ブレトンウッズカイギ

2件 の用語解説(ブレトンウッズ会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブレトンウッズ‐かいぎ〔‐クワイギ〕【ブレトンウッズ会議】

連合国国際通貨金融会議

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブレトンウッズ会議

1944年7月、連合国44カ国が米国ニューハンプシャー州ブレトンウッズで会議を開き、第2次大戦後の新たな国際経済システムに関する協定を結んだ。国際通貨基金(IMF)と世界銀行の創設が柱で、IMF加盟国には緊急時の借り入れができる引き出し権が与えられ、為替は固定相場制が基本になった。協定に至る交渉では、英国のケインズ国際通貨バンコールの創設などを提案したが、最終的には米国案を中心に協定が成立。関税と貿易に関する一般協定(GATT)とともに、戦後の国際経済体制の基礎になった。IMFの特別引き出し権(SDR)は69年に設けられた。71年に米ニクソン政権が金とドルの交換を停止したことで、IMF・GATT体制は実質的に崩壊。主要国通貨の為替は変動相場制へ移行した。

(2008-11-03 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレトンウッズ会議の関連キーワード連合国家WBCブレトンウッズ体制連合国SCAP連合国国際通貨金融会議IMF体制金・ドル本位制国際連合国連(United Nations)中国とアフリカの貿易

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレトンウッズ会議の関連情報